噛み跡などでできてしまったアザを早く治したい!アザの消し方

気をつけることが一番なんですが、目立つところにできてしまったアザ(痣)はひと目が気になりますね。

ついてしまった痣についてどう受け取られるかと不安なものです。

できることなら無しにしたい。
そう思う人も多いでしょう。

大抵は時間が経てばなくなるものなのなのですが、程度にもよるでしょうが何もしないで放置していればおおよそ2週間位は治らないと思います。

ただしで目立つ場所にできてしまった場合は翌日からでもすぐに消したいものですね。

恥ずかしい痣は早く消したい!

今すぐ消したいというのが痣ができてしまった人の本音でしょう。

痣(アザ)ができる理由

私は医学の知識もあるわけではございませんので浅知恵ですが、

ここでいう痣(あざ・アザ)は、皮膚のいち部に青色や黄色に変色するもののことを言っています。

打ち身や打撲、外傷のダメージによる皮膚の内出血によって変色します。

肌の内側で出血をしてそれが変色しているということだそうです。

冷やすのか?温めるのか?

さて、アザは内出血ということです。

ここで外傷を受けたあとの対処としては冷やし炎症を抑えることで怪我の悪化を抑える可能性があるかもしれません。

痣ができた翌日は冷やしてあげるのがいいと伺っています。

時間が経ってできてしまったアザに対して有効なのは「温める」ということだそうです。

温める理由としては血管を膨張させて血流を良くすると言ったことだそうです。

つまり、はじめは悪化を抑制するため冷やして、治癒が始まったらその手助けをするために温めるといったところです。

こういった工夫で、回復を早めることができると思われます。

痣の治りを早くする薬!

温めて直しているのもいいのですが、ここで薬の力に頼ってより早く回復させてあげるというのも試みたいものです。

実際にわたしが使用した薬をご紹介します。

この薬のおかげで1週間ほど早く治ったと実感しております。

ただし、個人差はあると思いますし、素人の体験です。
あくまでも参考程度でお願いいたします。

血行促進・皮膚保湿剤「マーカムHP」

軟膏クリーム 「マーカムHP」で痣の完治が早まりました。

50gと多いため、朝と寝る前に患部にたっぷり塗ったところ治りは実感できましたね。

わたしは「ヘパリン」といういのを求めてこの軟膏に行き着きました。

ウェキペディアで見てみるとヘパリンとは血行を促進させるために効果的なようです。

ヘパリン は抗凝固薬の一つであり、血栓塞栓症や播種性血管内凝固症候群 の治療、人工透析、体外循環での凝固防止などに用いられる。ヘパリンの原料は牛や豚の腸粘膜から採取されるが、牛海綿状脳症 発生後の現在は健康な豚から採取されたものがほとんどである。

ウィキペディア

お肌の保湿効果もあるので、今回以外でも用途はありますね。

>>マーカムHPをAmazonで探してみる

痣はいきなりは治りません。

数日かかると思いますが、以上の方法を試みることによって1日でも早くきれいなお肌にもどる事となるかもしれません。