LINE絵文字販売開始! 作成ガイドラインの確認とすばやく24個作成!

LINE Creators Marketでは2018年11月27日からクリエーターによる絵文字の販売をスタートしました。
わたしも絵文字は販売したいと思っていたのですが、ガイドラインを把握するのが少し面倒で放置してました。
ただ、クリエーター絵文字が解禁されてクリエーターの皆様の絵文字を見てみるとコレは今スグつくりたいと思って帰宅後すぐガイドラインの確認をして作成にとりかかりました。
LINEクリエーター絵文字ガイドラインのまとめ

絵文字はいくつ作ればいいの

  • まずトークルームタブ用の画像を一つ
  • 絵文字本体8個~305個(内容によって下限が異なる)
トークルームタブとはスマホで入力するときにタキストボックス下に表示されるアレです。
PNG形式で作成するのですが、トークルームタブの画像サイズはよこ 96px ✕ たて 74pxです。
絵文字は7タイプのものが存在します。
  • 普通の絵文字:8~40個
  • デコ文字(かなカナ/英数字)+絵文字:273~305個
  • デコ文字(かなカナ)+絵文字:69~201個
  • デコ文字(英数字)+絵文字:112~144個
  • デコ文字(かなカナ/英数字):265個
  • デコ文字(かなカナ):161個
  • デコ文字(英数字):104個
それぞれ全部、よこ 180px × たて 180pxのPNG形式です

絵文字を作るにはどうすればいいの

わたしの場合LINEスタンプの静止スタンプ動くスタンプから絵文字まですべて、CLIP STUDIO EXで作成してます。
これはイラストも漫画もアニメーションまで幅広くこなすことができる超優良ソフトです!

既存のキャラクターの絵文字バージョンを作成!

2018/11/27絵文字解禁されて販売されているものを見たら、既存のスタンプのキャラクターを絵文字にしてるものが多くて、わたしもちょうど変顔のスタンプを販売してたので絵文字としてはうってつけと思い即つくり即申請しました。
わたしの絵文字第一弾は24個で申請してみました。
今の時点では「審査待ち」の状態です。
なにか動きがあったらまた記事にしたいと思います。