リコーダーの音が出ない!音がかすれる!リコーダーを吹く事ができない子供に自信を持ってもらう方法

学校で学習する楽器の代表的なものに「ソプラノリコーダー」がございます。

リコーダーが楽器の入門に適しているのは、音を出すシステムが単純なことだと思います。

極端に言えば、「息を吹き込む」ことと運指という「穴を押さえる組み合わせ」だけを行う楽器となります。

ここでは音の出る仕組みについて細かいことや、より美しい音を奏でることは置いといて、最低限の音がでない場合について考えてみたいと思います。

また、より美しくきれいな音を出すには姿勢などから突きつめる必要があるとは思います。

あくまでも、お子様がリコーダーを吹けて自信を持って上達を目指せるスタートラインに立てることを期待した記事でございます。

吹き込む息は優しく

うまく音が出ていないケースで誰でも原因がわかり得るのが吹き込みの勢いがありすぎることでしょう。

ピーッッ!

ホイッスルのような吹き方をするものではございません。

優しく吹き込むといった感じで演奏するのが一般的です。

穴をちゃんと押さえられていない

経験している方も多いと思いますが、リコーダーを始めたばかりのとき難しいところは「穴をキレイに押さえる」ところにあります。

成長過程のお子様の手や指の長さは個人差がございます。また、指の力もそう言えますので、全部をうまく押さえられないお子様も多く、これが原因で、穴をきちんとふさげないといった事が起こりえます。

そのため、穴をきちんと押さえていない場合、空気が漏れて本来の音階ではないものが出ます。

その結果、リコーダーが面白くないといい練習の妨げになりかねません。

穴を押さえやすくするアイテムがある!

  • やさしく息を吹き込む
  • 穴をきちんと抑える

初めてリコーダーを吹く方は、上の2つを最低げに指揮しないといけないとおもいます。

いづれにしても楽器の練習はくりかえし行わないといけないとは思いますが、穴をうまく押さえるための裏技アイテムが存在いたします。

それは、この「ふえピタ」です。

>>amazonで「ふえピタ」を見てみる

created by Rinker
アイディア・パーク

このふえピタはシリコン製の穴の空いた肉厚の厚いシールです。

この穴の空いたシリコンのシールをリコーダーの穴の部分に貼ると軽く押さえただけで穴が簡単に塞がるといった優れたアイテムです。

この「ふえピタ」を練習時に使用し、学校では恥ずかしいならお家での練習のときに貼って練習をすれば、指が押さえられずにきれいな音がでないといったことが回避できますので運指の練習や息の吹き込み加減の練習に集中できリコーダーを楽しむこと、学習することが簡単になります。

リコーダー嫌いになる前に、一度お試ししてみてはいかがでしょうか!?

読み物「リコーダーくんの旅」

お子様でも、わかりやすい教本がございます。

旅をしてリコーダーの基礎的な吹き方を学ぶ教本です。

お子様でも吹き方がわかるように書かれています。

リコーダーの臭い対策「抗菌キャップ」

プラスチック製のリコーダーは水洗いでお手入れできます。

ただ、口で吹く楽器の宿命でしょうが、菌が発生しやすい楽器でもあります。

そこで、抗菌キャップを使用することで菌の反映を抑える期待が持てます。