早く欲しかった!十字トラスロッド専用ギターネック調整レンチがすごい!

Fenderの十字トラスロッドナット用の専用レンチが登場しましたのですが、これずっと欲しかったやつで感動しましたのでご紹介!!

ギターのネックは簡単に言うと時間があつと反りと言われるネックが必要以上に曲がる症状が現れます。

これは、張った弦の張力で曲がったり、乾燥や湿気などで木目の変形で起こったりと原因理由は様々ですが避けて通れない症状です。

そこでネックにはトラスロッドという棒が入っているのですがをそれを締めたり緩めたりすることでネックの反りを物理的に調整するのです。

ナットのかたちは色々あるのですが、Fenderのトラスロッドナットは十字に溝が切られたものになっています。

今回見つけたトラスロッドナット「H-TRW+」はそれ専用のものなんですが、どうすごいかをご説明いたします。

ネックを外さなくても調整できる!

一番のポイントはここです。

Fenderのギターのトラスロッド調整の殆どがネックを外さないと回すことが困難なものが多いと思うのですが、この「H-TRW+」はパイプレンチタイプになっているので下の画像のようにネックを付けたまま回すことができます!

「H-TRW+」は十字トラスロッドナット専用レンチ

徹底的に研究されたレンチ

「H-TRW+」を開発製造したのは株式会社ホスコさん

この十字トラスロッドナット専用レンチ「H-TRW+」を開発するのに一年以上の時間をかけたそうです。

代表的なメーカーの十字ナットの十字溝を計測
溝幅、溝の深さ、ナットの直径を測定しでどういったサイズに落ち着けば効果的に回せるか繰り返し繰り返し検証して仕上げたそうです。

「H-TRW+」は徹底的に研究された寸法

十字ナットにドライバーは危険!?

十字のナットを回すのにネックを外しもっているプラスドライバーで回わそうとする人は少なくないと思います。

しかし、プラスドライバーは先端がテーパー状つまり細くなっているものになりますので十字のナット溝を潰してします危険性が高いのでやめるべきです。

また、マイナスドライバーを使用することとなると思いますが、溝の一片のみにチカラが加わるので力が入れにくく固く感じる人もおおいでしょう。

しかし、上の「H-TRW+」の先端の画像を見てください。

ピッタリと十字ナットの溝に入り込むようになっているので回すときも均等に力を加え優しく無理なく回すことができるのです。

ナット溝をなめす恐れも皆無です!

「H-TRW+」は日本製!

メイドインジャパンこのレンチは日本製です。

この一本のレンチを所有しておけば長く使えます。