3大ネットモールのキャッシュレス還元をぱっとみて理解

キャッシュレス・消費者還元事業 日本どこでもこのマークのお店ならキャッシュレスで最大5%還元

ついに2019年10月1日、令和元年10月1日に日本の消費税は10%になりました。

国の複雑な対策やこころみで今回の増税は少しわかりにくいですね。

その対策の一環で知っておきたいのが「キャッシュレス消費者還元事業」です。

簡単に言えば、キャッシュレス還元事業に登録しているお店で買い物すれば2~5%のなんらかの還元があるということです。

もらえるものはもらいたいものですので、最低限のことは理解しておきたいですね。

この記事では、その最低限知っておきたいことと、ネットで買い物をする際に、大手3モール、楽天、amazon、ヤフーストアでのキャッシュレス還元についてかんたんにまとめましたので知っておきたいと思います。

ぱっとみて知りたいことだけを知ってもらうことを特記しております。

キャッシュレス還元とは

2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス決済を使ったときにポイント還元等を支援するものです。

キャッシュレス還元を受けるには大きく2つのことをクリアしないといけません

①販売ショップがキャッシュバック事業登録ショップであるか
②使用するクレジットカード及び電子マネーがキャッシュバック対応であるか

キャッシュバックショップか知るには

キャッシュレス事業であること

このマークがある実店舗ショップ及び、ネットショップでキャッシュバック還元を受けることができます。

大手通販ショップモールでは、楽天、amazon、ヤフーストアが対応しておりますが、必ず還元されるわけではないのです。

詳しくは続けて記載します。

持っているクレジットと電子マネーが対応しているか知るには

持っているクレジットカードや使いたい電子マネーがキャッシュレス事業に対応していないと還元を受けることができません。

まずは使いたいお持ちの決済が対応しているか知る必要があります。

キャッシュレス消費者事業の以下のページで確認しましょう!

使いたい決済方法が対応しているか確認(外部サイト)

3大ネットモールでの還元を期待している人

3大ネットモール、楽天、amazon、ヤフーストアでキャッシュレス還元を期待して買い物をしたい人はこちらの記事をみてかんたんに理解していただきたいです。

それぞれ癖のある還元方法ですので覚えましょう。

楽天での買い物でキャッシュレス還元

楽天はいろんなネットショップが集まっている集合のネットモールです。

キャッシュレス還元は出店者ごとに登録されているところとされていないところがございます。

楽天のどのお店で買っても還元されるというわけではないので知っておいてください。

見分けるには買いたい商品にバナーがついていますのでそれがキャッシュレス対応のショップが販売する商品です。

楽天のキャッシュレス還元対象のバナー

対象の決済方法は、楽天カードか、
対応のクレジットカードを使ったとき

キャッシュレス還元方法は、楽天ポイント

注意すべきは、ポイント還元は翌々月の22日ということです。

amazonでの買い物でキャッシュレス還元

amazonでのキャッシュレス還元については触れないといけないことがあります。

amazon自体はキャッシュレス還元の対象ショップではありません。

amazonに出店しているamazonではないキャッシュレス還元対応のショップのみ対象です。

還元対象の商品につく5%還元のバナー

見分け方は上記の画像のように商品に「5%還元キャッシュレス払い」と記載されているときのみです。

ただし、amazonの還元方法は他とちょっと違います。

5%還元分は決済時に値引きとして還元されます。

ポイントのように、次回使うことが前提でのキャッシュバックではなく、現金値引きということで後腐れもない即還元のわかりやすいシステムです。

またアマゾンギフトなどの支払いも対象商品の値引還元がされます。

ヤフーストアでの買い物でキャッシュレス還元

ヤフーストアのキャッシュレス還元はとても偏っています。

PayPayありきの還元ですので注意をしてください。

ヤフーIDにPaypayを連携させて初めて還元を受け取ることができます。

還元対象出品ショップは名前の横を見ると以下の様なバナーが表示されています。

還元されるのはPaypayボーナスライトで、90日の使用期限つきのものとなりますので注意です。