50Wモデリングギターアンプ【VOX Cambridge50】新発売

室内ライブ、持ち運び、ギターのPC録音、自室での一人遊び、真空管のサウンドがほしい。
そろそろギターアンプを買い替えたい人に今おすすめしたギターアンプ!

即戦力のモデリングギターアンプがVOXから発売されます!

ギターアンプの名称は 「VOX Cambridge50

ヴォックス ケンブリッジ50 とよみます。

モデリング・ギター・アンプの新たな可能性をさらに広げる意欲作ということですがたしかにこれ一台でかなりのこだわりが凝縮されているギターアンプです。

特徴は3つの要素を凝縮したギターアンプということで以下のように発表されています。

  1. モデリング・テクノロジー「VET」によるリアルかつ即戦力サウンド
  2. Nutubeによるデジタル技術ではカバー仕切れないチューブ・アンプ独特の歪み、素早いレスポンスや音色変化。
  3. そして12インチ・スピーカー搭載オープンバック・キャビネットによる音抜けの良いサウンド。

以下で細かく説明されますが、これらの要素をベストに融合させたギター・アンプということです。

50Wの出力と多彩な機能でライブ演奏はもちろんのこと、自宅での練習やレコーディングにも対応。

シーンを選ばずギター演奏を楽しめます!

>>amazonで「VOX Cambridge50」を見てみる

VOX Cambridge50のざっくりすごいところ

四の五の言わずどこがすごいの!?
と言った人用に完結にお伝えすると

  • モデルアンプがリアル!1台で11役
  • スピーカーにCelestionが使われている!
  • 真空管のサウンドをリアル再現しているNutube搭載
  • USBオーディオインターフェイス搭載!
  • 安い!安い!安い!

>>amazonで「VOX Cambridge50」を見てみる

VOX Cambridge50 の特徴

アンプ・モデルは全部で11種

リアルさを追求し可能にした独自のVET(Virtual Element Technology)技術のモデリングアンプです。

聴感上だけでなく、オリジナル回路そのものを見直し、またサウンドに影響を与える木製キャビネットや12 インチ・スピーカーの特性も考慮し緻密にモデリングをデザイン。

往年のAC30はもちろん、代表的なチューブ・アンプ、近代的なハイゲイン、入手困難なブティック等、この一台で多種多様のサウンドが得られます。

また、エレクトリック・アコースティック・ギター、キーボードなどにも対応できるLINEも用意。

<アンプ・モデル>
DELUXE CL、BOUTIQUE CL、BOUTIQUE OD、VOX AC30、VOX AC30TB、BRIT 1959、BRIT 800、BRIT VM、SL-OD、DOUBLE REC、LINE

充実のエフェクト・タイプは8種類!

モジュレーションとディレイ/リバーブの2系統を同時に使用でき、各4タイプ、計8種のバリエーションを用意。

トータル的にギター・サウンドを作り込むことが可能。

さらにタップ・ボタンも搭載、ディレイ・タイム等、感覚的に設定することが可能。

<エフェクト・タイプ>
MODULATION(CHORUS、FLANGER、ORG PHASE、TWIN TREM)、DELAY/REVERB(A.DELAY、TAPE ECHO、SPRING、HALL)

Celestion製VX12スピーカー搭載のオーブンバック・キャビネット

VOX Cambridge50は50Wの出力を余す所なく発揮するためにCelestion VX12スピーカーを採用。

本体背面をオーブンバック構造にすることによって12インチ・スピーカーならではの音抜けの良いサウンドが得られます。

Nutube搭載

従来の真空管と同じ構造を持つ蛍光表示管の技術を応用したNutubeは、VOXをはじめ、様々な製品にも搭載されています。

真空管の特徴である歪みやコンプレッション感、そしてレスポンスや弾き心地にいたるまで、まさに真空管のフレーバーをパーフェクトに感じられます。

従来の真空管アンプではなし得なかった軽量設計に加え、メンテナンス・フリー、抜群のコスト・パフォーマンス等、Nutubeだからこそ成し得た仕様です。

便利な機能も充実

VOX Cambridge50は、全方位的にギタリストをサポートする機能も盛り込んでいます。
チューナーはもちろん、外部音源を鳴らしながらセッション・プレイが楽しめるAUXイン、自宅練習やレコーディングに重宝するキャビネット・シミュレーターを搭載したヘッドホン兼ライン・アウト、即戦力サウンドが瞬時に呼び出せるプリセット・モード、従来のアンプ同様、物理的なツマミの位置が反映されるマニュアル・モードも搭載。

USBオーディオ・インターフェイスを搭載

ありがたい機能です。

VOX Cambridge50は、USBオーディオ・インターフェイス機能を搭載していますので、USB経由によりPCなどに直接Nutubeサウンドをレコーディングすることが可能です。

演奏を楽しむだけでなく、DTM環境との親和性も高いアンプとして高いポテンシャルを誇ります。

エディターソフト「Tone Room」で利便性も向上

VOX Cambridge50に対応するエディター/ライブラリアン・ソフト「Tone Room」を用意。

本体にはないパラメータによるサウンド・メイクやライブラリーとしても機能します。Mac/Windowsはもちろん、iOS/Androidにも対応し、USB経由で簡単にアクセスできます。

フット・スイッチで機能を拡張

別売アクセサリーのフット・スイッチを使えば、足元でプログラム・チェンジ、エフェクトのオン/オフが可能になります。

また、VFS5の接続時は、プログラム・メモリーが8種類まで拡張。ステージ上での演奏にもパーフェクトに対応します。

モデリング・ソフト「JamVOX III」をバンドル

モデリング・ソフトウェア「JamVOX III」もバンドル

PC上でギター・プレイを楽しむことができます。

既成曲から任意のパートをキャンセルまたは抽出/強調できる「GXT」機能や、コピーやトレーニングに便利なループ再生やテンポ・チェンジに対応したミュージック・プレーヤー機能を利用可能。

またASIOドライバーに対応しているので、「JamVOX III」以外のDAWやギター・アンプ・シミュレーターなどのソフトウェアを通して録音・再生することも可能です。

>>amazonで「VOX Cambridge50」を見てみる